帰り道

帰り道

意識がぼんやりとする。一緒にいる友達の話も頭に入らない。
つかれているのかな。曖昧な意識の中で足を進めていると、友達が僕の腕を掴んだ。
「ちょっと待って」
顔を上げると、赤信号の横断歩道が目の前にあった。

著:淡月雪乃

誰にでも起こり得る危険

これは誰でも経験する可能性の高いものですね。身体・精神的な疲労やストレスなんかは、実は結構ヤバい状態でも自分では気づくことができないケースが多いものです。

本作では友人の手によって救われていますが、もし友達がその場にいなかったと考えると・・・。

みなさんもお気をつけて。