見えない君

見えない君

外を歩けば、少し後ろを同じスピードでついてくる足音が聞こえる。
家の中にいる時は、私の部屋の中を歩き回る足音が聞こえる。
これは、いつから始まったのだったかな。
君は、ずっと私の近くにいるね。
ねぇ、君は誰?

著:相枝静花

ほっこりおばけ

特に悪さをするでもなく、自分の周りをうろちょろしているだけならお化けも可愛く感じます。身内で亡くなった方が側にいるのか、それともなんとなくくっついてきているだけの他人なのか。

私はほっこりホラーな感じがしてしまっているのですが、実際に現実に起こると怖いかも知れませんね・・・。みなさんはどう読みましたか?