生徒の中に

生徒の中に

私の学校では、生徒の中に妖怪が紛れていることがあるらしい。半信半疑だったが、ある日見てしまった。

クラスの男子の髪の隙間から、小さな角が生えていることに。

「あのさ……」

話しかけると、彼はにこりと笑った。

 

著:淡月雪乃

彼は一体?

にこりと笑った彼は、何故角を見せたのでしょうか。気づかれてから、にこりと笑うくらいなので意識的に見せたのだろうなと推測できますが、その真意は一体?

推測の域を出ませんが・・・この妖怪少年、絶対に超絶美少年でしょ。

100文字物語の良さである「余韻」や「想像の余地」がたっぷりと楽しめる作品でした。