100

2021年3月16日

100

人は100に躍らされている。テストは100点、1世紀は100年、割合は100%。本SS企画もしかり。だが、この風潮に惑わされるようだと紋切り型で卑小な人間。私ならたとえ上限があろうと、必ずそれを打破す

著:白桃吉

完全にやられた

「100文字の作品を書いて下さい」と言われれば、普通は自然と「100文字以内で起承転結のある作品」を考えるだろう。

特に「結(オチ)」をどうしようと悩むものだ。しかし本作は異なる。始めからオチている。もう言ってしまえばタイトルから既にオチている。

本企画のテーマである「100文字以内」という設定を完全に逆手に取っている。本作は、いつの間にやら「100」という数字に囚われてしまっている(本企画然り)我々に対するメタ的な面白さがある。

「なぜこの作品を自分が先に思いつけなかったのかだろう。」という嫉妬心と、叙述トリック作品を読んだときの「やられた」感がある見事な100文字物語であった。