恐怖の歯医者

恐怖の歯医者

歯医者に来ていた。
口を大きく開けて、眩しいライトに目をしかめ、為すがまま。
ただ、いつも、考えてしまう。
削られてる最中、口を思いっきり閉じたら……
どんなことになってしまうのか!
怖い怖い! やめよう!

著:リチャード三太郎

ダメだと言われれば

ダメと言われれば、やりたくなる。それがいかに危険だとしても。とはいえさすがに実行まではできないのが人間です。そりゃできませんって。痛いし。だから想像で止めておくんですよね。めちゃめちゃわかります。

今、歯医者通ってるんで、次行くときに余計なことを考えてしまいそうです😇