100文字物語,ヒューマン,恋愛

No Image
心の鍵

君が、何を考えてるのか。
君は僕を、どう思っているのか。
知りたい。
見たい。
君の心の鍵を、僕に下さい。
君は、僕の顔を覗き込む。
その目が、
「とっくに渡してるよ?」 ...

100文字物語,ヒューマン,ホラー

No Image
見えない君

外を歩けば、少し後ろを同じスピードでついてくる足音が聞こえる。
家の中にいる時は、私の部屋の中を歩き回る足音が聞こえる。
これは、いつから始まったのだったかな。
君は、ずっと私の近くにいるね。

100文字物語,ヒューマン

No Image
はるうらら

朝起床すると、朝の日差しは温かく感じ、窓から見える桜は咲きほこり、
その下の地面から、つくしはひょっこりと顔を出す。
そんな最中、ポカポカとするベランダで、うつらうつらと船をこぐ。
ああ、はるうらら… ...

100文字物語,ヒューマン,ホラー

No Image
帰り道

意識がぼんやりとする。一緒にいる友達の話も頭に入らない。
つかれているのかな。曖昧な意識の中で足を進めていると、友達が僕の腕を掴んだ。
「ちょっと待って」
顔を上げると、赤信号の横断歩道が目の前にあった。 ...

100文字物語,ヒューマン,ホラー

No Image
いたずら

電柱に花を置いてみた。
すると道行く人が勘違いをして、そこに花を供えるようになった。
可笑しくて笑っていると、ある日の夜。
夢で見知らぬ少女がお礼を言ってくる。
朝、起きると部屋の隅に、少女の霊 ...

100文字物語,ヒューマン,ホラー

No Image
死期

コンビニの自動ドアが、反応しない。
知人に、気づかれにくい。
そして夢に死んだ祖母が出てきては、迎えに来たよと言われてしまう。
ある日、目覚めたら自分は立っていた。
ベッドを見れば、息を引き取った自 ...

100文字物語,ヒューマン

No Image
亡き人の恋

僕は部屋の整理をしていた。高校生時代の思い出たくさんがあった
すると、高校のブレザーに紙切れが入ってた。
幼馴染からみたいだ
読むと僕が好きだって書いてた。
死んだ幼馴染の手紙。僕は泣いた。 ...

100文字物語,ヒューマン

No Image

ペットのハムスターが死んだ。
夜、寝つけないでいると、ぼんやり明るい天井の隅に目を止める。
窓の外から月明かりが差し込んでいるからだな。
そう思って見つめていたら、
丸い光は、くるくるまわって、ふっと ...