100文字物語,ホラー

No Image
荷物

親友の荷物を預かった。
しかし荷物から血のようなものが染み出している。
興味本位で開けてみると僕の恋人の首が入っていた。
悲鳴を上げ、どういうことだ、と連絡をとってみると、
親友はすでに行方をくらま ...

100文字物語,ヒューマン,ホラー

No Image
帰り道

意識がぼんやりとする。一緒にいる友達の話も頭に入らない。
つかれているのかな。曖昧な意識の中で足を進めていると、友達が僕の腕を掴んだ。
「ちょっと待って」
顔を上げると、赤信号の横断歩道が目の前にあった。 ...

100文字物語,ヒューマン,ホラー

No Image
いたずら

電柱に花を置いてみた。
すると道行く人が勘違いをして、そこに花を供えるようになった。
可笑しくて笑っていると、ある日の夜。
夢で見知らぬ少女がお礼を言ってくる。
朝、起きると部屋の隅に、少女の霊 ...

100文字物語,ヒューマン,ホラー

No Image
死期

コンビニの自動ドアが、反応しない。
知人に、気づかれにくい。
そして夢に死んだ祖母が出てきては、迎えに来たよと言われてしまう。
ある日、目覚めたら自分は立っていた。
ベッドを見れば、息を引き取った自 ...

100文字物語,ホラー

No Image
どっちがドッペルゲンガー?

玄関のドアノブが、ガチャガチャと回されている。
怖くて息をひそめ、隠れていると、何度も乱暴にドアが叩かれる。
おそるおそる玄関ドアに近づいて、ドアスコープを覗いてみると……。
自分が困 ...

100文字物語,ホラー

No Image
血濡れの顔

写真に映る自分の顔が、きらい。
だから写真の顔にカッターで傷をつけていく。
広いおでこがいや。ぐさり。
そばかすのある頬がいや。ぐさり。
分厚い唇も、細い目も……あれ?
顔を触ると、ぽ ...

100文字物語,ホラー

No Image
入れ替わり

等身大の鏡に映る自分が、ふいに鏡から出てきた。
驚いて硬直していると、自分が私を見つめて微笑んだ。
「次は私がこちら側」
鏡の中にいたはずの自分が私の手を掴み引っ張って、
そのまま私は鏡の中へ ...

100文字物語,ホラー

No Image
生徒の中に

私の学校では、生徒の中に妖怪が紛れていることがあるらしい。半信半疑だったが、ある日見てしまった。

クラスの男子の髪の隙間から、小さな角が生えていることに。

「あのさ……」

話しかけると、彼 ...

100文字物語,ホラー

No Image
首なし死体

逢魔が時に鏡を覗き込むと、自分の死に顔が見れるらしい。
試してみると、鏡に映る私の首から上が全部消えていく。
一年後、不幸にも私はトラックに轢かれて死んだ。
身体と首が離れ、私の視界は、ころころと転が ...

100文字物語,ホラー

No Image
引きずる音

子供が寝静まって、夫が帰ってくるまでの夜8時から10時の間。
何日経っても、上の部屋から何かを引きずる音が聞こえてくる。
気味が悪いと思った私は、事務所へ連絡した。
「その部屋は、空室ですよ」 ...